読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aromaに誘われて

アロマセラピスト・レイナのアロマやテラピーや毎日のこと

アロマオイルの種類 つづき2

続きです。


3.スパイス系
実や葉などから抽出された、わずかにピリっとするような、
刺激のある香りが多いです。よく料理などで使われる香辛料の香りを
緩やかにしたようなものといえばイメージしやすいでしょうか。


4.樹木系
緑の香り、といえば一般的でしょうか。
森や林に入った時のあのすがすがしい
森林浴のときに感じる、すがすがしい木の香り。
その名の通り、小枝や葉、木の皮などから抽出されます。


5.ハーブ系
これも有名ですね。
ハープはお茶などでも使われますが、ハーブの花や葉から抽出されます。
また、種子から抽出するものもあります。爽快感やほろ苦さが特徴です。


6.樹脂系
樹脂から抽出される、甘く重厚な香りが特徴です。
香りが長続きする特徴もあり、その特徴を活かした使い方をいたします。


7.エキゾチック系
最後に、魅惑のエキゾチック系をご紹介します。
かすかに感じる動物的な香り、甘さが際立ったまさにエキゾチックなオイルです。


以上の7タイプを把握し、できあがりをイメージしながらブレンドをしていきます。